部族集会

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nick Drale「Five Leaves Left」

CIMG2724.jpg


ニック・ドレイク「ファイヴ・リーヴス・レフト」70年

4日ぶりに更新します。
今日一日、というか昨日からこのアルバムばかりかけていました。9回くらいはリピートしたかも。
なんか独特の、気だるさ、例えるなら、お風呂に6日も入ってないような(というかコレは事実・・・さっき入ったけど^^;)、なんか鬱なだるさがたまりません。

このアルバムを訳すと「残り5枚の葉っぱ」ってなるみたいで、それはニックドレイクこの人の寿命でもあったそうです。75年に死んじゃったらしい。鬱だったらしい。
音は本当にシンプルで、ドラムはほとんどありません。アコースティックギターにベース、ストリングスに、最小限のエレキギターと、それが余計この人の太い暗い声に合ってていいのかもわかりませんね。

好きなアルバムは1曲目が好きという自分の中の形式みたいなのがあるんですが、このアルバムの1曲目も、かなり好き。この1曲目がもうとにかく好き。3拍子の曲から始まるアルバム、結構好きかもしれない。
(バーズの「霧の五次元」とかペンタングルの「クルエル・シスター」とか・・)

CIMG2725.jpg

オリジナル盤はislandレーベルから出たみたいで、この再発のCDの、CDのレーベル面もそのオリジナル盤の「ブラック・ブロック
・ロゴ」というのを再現しているみたいだ(のかな?)。
CDのレーベル面って、全部オリジナル盤のデザインにすればいいのに~。islandは再発CDがちゃんとしているので大好きです(そこにいたアーティストもね)
。値段も安いし!。それになにより紙ジャfjkhdgl

ニックドレイクは、3枚のオリジナルアルバムがあって、去年の夏のHMVのセールでその3枚を2900円で買えたのだ!ああ幸せ。
なんか妙に神格化みたいにされちゃってるような気がするので、「なんだかな~」と当分聴かないで置いたままにしていました。今年になって出して聴いてみるとこの気だるい1stが一番いいなぁ~。

【“Nick Drale「Five Leaves Left」”の続きを読む】
スポンサーサイト

はいはい紙ジャケ紙ジャケ

今日は学校。
11時に起きて、今日ははっぴいえんどの風街ろまんが聴きたいと急におもったので、大急ぎでMDにアルバムまるごと入れたのでした。
で、もう日曜日のメインイベントはなんといっても、というか常習化してるけど、レコード屋さんめぐり。学校はそのオマケ・・(オイオイ^^;)
元町に行くと、駅降りすぐ近くがこんな風になってました
CA240024.jpg


なんか松の葉???かなんかをしきつめて、その上にいろんな花の花びらを使って模様とか神戸市のマークとかにしてました。写真撮ってる人結構いたなぁ。

10軒くらい回って今日はめぼしいものが無い。とおもって
最後にりずむぼっくすという店に行くと、見つけました。
CIMG2709.jpg

はいはいまた紙ジャケ紙ジャケ。
トム・ニューマンという人の「妖精交響曲」というアルバムです(らしいです。)
これを死ぬほど聴きたい!という人はあんまりいないだろうけど、
紙ジャケコレクターは結構探してる人いるんじゃないかな~と思う。
このアルバムを特に聴きたかったわけではないけど、メロウキャンドルやチューダーロッジの紙ジャケと同じときに出たやつだし、めずらしいし、本読んだらトラッドっぽいってあるし。で買ってしまった。
このお店はめずらしい物でもそんな値段吊り上げないで売るので、結構うれしい。
オリジナル盤は別として、聴きたい音楽が値段が高くて買えない。なんてことはリスナーにとって良くない!と思うのです。なのでりずむぼっくすには好感がもてますね~。

あと、それからバッドリードローンボーイを600円とかで買えるって言ったけど、それは、あるお店だけでした(おしえない)。他の店は1000円くらいしちゃうなぁ・・ごめん。

それ本来の権利を取り戻す

http://dokuo-ha-hitori.dyndns.tv/~dokuo/cgi-bin/sn/src/dokuo0228.mp3
http://dokuo-ha-hitori.dyndns.tv/~dokuo/cgi-bin/sn/src/dokuo0229.mp3

すごい適当です。40分くらいで録音しました。すごい適当。いつも。

ブライアンイーノの記事で書いたけど、そのテープループシステム、テープディレイシステムは、PC用のエフェクトでも存在してます。
それを使いました。(PCで使うエフェクトのことをVSTとかっていいます)

そのVSTエフェクトはかなり「偶発性」や「ランダム」なのでかなりおもしろいです。2小節くらいなにか音を入れれば、勝手に再生がはじまり、かってに音の「持続」がはじまる。

ジョンケージが「自然を真似た不確定な行為を通して、作曲家のコントロールから解放された音は、"それ本来の権利を取り戻す"」と説いたそうです。
なるほどな、と思います。
ブライアンイーノのテープループシステムはそんなかんじがする。
そのvstを使ってやってみたけど
どうにもこうにもブライアンイーノみたいなんはできんな~
すごい適当にやりすぎなんだけどな~ん~笑

Fripp & Eno 「no pussyfooting」



フリップ&イーノ 「ノー・プッシィフッティング」73年。

昨日、巨人対阪神を見ながら、音楽雑誌、2005年のストレンジデイズの9月号「ジェファーソンエアプレイン特集」を、ジェファーソンエアプレインを聴きながら読んでいました。
第一特集がそれで、その第二特集が「ブライアン・イーノ」でした。
イーノがそのインタビューで「おもしろいこと言ってるな~」と思って久しぶりに聴いてみよう!というわけになったのです。
というか、2004年の「レコードコレクターズ7月号」、これもブライアンイーノ特集だったけど、この号がはじめて買ったレココレだった。(なんでだろうなぁ~・・)レココレの特集のほうが詳しかったかな。

コレを初めて聴いたのが約2年くらい前・・
意識して音楽を聴くようになったのがつい最近、
意識せず(2年前の自分の中の普通から考えると)変な音楽を聴いていたのがこの頃なのかもわかりません。つまりそういう、変な、ものを音楽に(洋楽に)求めていた。なんでだろう。

このアルバムは、キングクリムゾンのロバートフリップと共に作られました。かなり実験的内容で、基本はフリップとイーノが共同開発したテープ・ループ・システム/テープ・ディレイ・システムを用いたドローンミュージックが基本になっている。テープループシステムは、イーノのアルバムではもう御用達といっていいくらい使われているみたい。このアルバムで使われたのは「スカイ・ソー」というやつらしい。システムとして有名なのは「フリッパートロニクス」なのかな?。
ジャケット写真は鏡張りの部屋になっていますが、このジャケットがこのアルバムを表していると思う。鏡による反復。

1曲目から「モワァ~ンモワァ~ン」と始まっていくけど、かなり好きだ。本当にずーっとドローン、つまり音の持続がもうずーっと。そこにフリップのディレイシステムをつかったギターが音を出す。
タイトルが「the heavenly music corporation」。個人的にかなりサイケデリックなかんじもする。

2曲目はシンセサイザーが入って、さっきより「反復」の色が強くなっていると思う。こっちはあんまり好きじゃないな~。

イーノはかなり頭のいい哲学的なイメージのある音楽家という感じがあって(僕なんかがいえたもんじゃありません)、この2誌のインタビューなど読んでいるとかなり理解するのに難しいことがかかれていたりする。「環境と同化し機能するアンビエントミュージック」だとか「ミスを己の隠された意図と認識せよ」だとか、ああ~なるほど~と思うものもあれば意味わからんようなものまで言葉で埋め尽くされている。

ブライアンイーノをきっかけに、スティーブライヒや、テリーライリーや、フィリップグラスなんかをちょっと聴いたけど、「とにかく難しい」というイメージしかない。ん~~。

【“Fripp & Eno 「no pussyfooting」”の続きを読む】

Badly Drawn Boy「The Hour Of Bewilderbeast」

バッドリー・ドローン・ボーイ「ザ・アワー・オブ・ビウィルダービースト」
CIMG2691.jpg


はい、これ、自分が音楽をたくさん聴くきっかけ、というかはじまりをつくったアルバムですね。2000年発表。
「はじめてタワーレコードで買ったCD」でもあります。
そもそも急にこんなアルバムに手を出すわけではなくて、
映画「アバウト・ア・ボーイ」っていうのを見て、音楽がよくて、サントラをこの人が手がけていた。それを買って聴いて、その流れで聴いていったわけです。

バッドリードローンボーイ(以下BDB)は、一応グループ名ではあるけど99%ソロ。名前はデーモン・ゴフ。イギリスの人。
デーモンは、DJ・グラフィックデザイナーのアンディヴォーテルという人とレーベル「twisted nerve」を設立したりします。
ベックとも交友があるみたいです。BDBも、最初宅録してたグループ。
で、今のところBDBは3枚(サントラ入れたら4枚)アルバム出してますが、このアルバムはたぶん、BDBの1番良いアルバムじゃないかなと思われます。ファーストアルバムにして。

このアルバムはコンセプトアルバムになってて、音はというとこの1stは基本的にはアコースティックぽくて、フォークっぽいです。そしてメロディがいい。宅録っぽさもあります。
もう個人的には大名盤だ!と思ってるので、どこから書いていいかわからんですが、
1、the shining、ホルン?の音で始まる。これなんか例えばですけど、サンディデニーとかフェアポートコンヴェンションとか昔のフォークロックグループが歌っても良い感じになりそう。
2、everybady's stalking、ここで急にノリノリになります。
この曲も好き。

8からの流れで、9のonce around the blockにはいる。これは本当にびっくりしました。かなりリズムが斬新な曲で、ドラミングがジャズぽい(?)しめちゃかっこいい。
11のBewilderbeast2 はCMでも使えそうですね。どっかで同じこと書いたけど草原のシーンでのビールのCMとかに使えそう。
12のmagic in the air。ピアノと歌だけの曲で、これはかなりコピーしてピアノで弾いたなぁ。
14のpissing in the windは、ちょびっとカントリーっぽさがあるかも。

とこんなかんじで18曲約70分もあります。
コレ買ったときはずーーっとコレしか聴かなかったなぁ。
このCD、中古屋では待遇が悪いです。
たぶん、600円とか900円とかで買えると思います。しょっちゅう見るんだな。救ってあげてくださいね。
内容は、人へのオススメの言い方として、まぁまぁいいですよ!と言っておきます。(個人的にはかなり好きだけど)
シングル盤も持ってて、これ初めて知ったけど、イギリスとかってA面曲は一緒でも、B面が違う、2種類のシングルが出るんですね。CD1CD2っていう具合に。
ジャケットはアンディヴォーテルが作成してるようです。
とくにこのシングルの左の、パチンコのは好きだな~。
CIMG2692.jpg

【“Badly Drawn Boy「The Hour Of Bewilderbeast」”の続きを読む】

水ぶくれがマメに変身

ピアノを弾いて水ぶくれができて、3日くらいたって
そこがマメに変わりました。これはいいことですね。

で、日曜買ってきた
サジタリアス「プレゼント・テンス」聴いてみた。

ミレニウム「ビギン」と兄弟作品って教えてもらって、でとある人に「ミレニウムと比べるのはちょっとかわいそう」って教えてもらって
ほんで聴いてみたけど、うん、やっぱりミレニウムがすごすぎるんだね。
ちょいあまったるすぎるな~と思ったけど、紙ジャケのボーナストラックの最後3曲で、ああこれはいいなって思いました。
もう4月もはんば・・・。

また紙ジャケか

今日は三宮とかにいってました
学校の始業式もありました
CIMG2679.jpg


上の2枚の紙ジャケCDを買いました
また紙ジャケか!とか言われそう。
右の「イーストオブエデン」はなかなか見かけないCDなんで
なんか勢いで買ってしまった。このイーストオブエデンは、ブリティッシュトラッド・フォークの本に載ってて「まぁ載ってるんだから・・大丈夫だろ」ってかんじだったんですが、
今聴いてる限りではかなりプログレに近いね。これ。
左の「サジタリアス」のはまだ聴いていない。つかれた~


買い物に迷うともうどうしようもなくなって
頭が混乱して、平気で4時間くらい同じ店にいるのがすごいしんどい。


なので(なんで今?)聴きたいのをまとめてみる
ジョニーリバース
ミーターズ
フィルスペクター
クリスタルズ
大滝詠一
スティーライスパン
インクレディブルストリングバンド
アンディーロバーツ
ヘロン
ザ・グッバイ
・・・まだまだある・・

「50歳くらいまで音楽を聴く・探すと考えて、1日、仕事しても3時間は暇な時間があるから、1時間1枚として・・・全部聞けるかなぁ」
「いや、これ先に聴くよりこっちのほうが先のほうが順番的にいい」
とか、なんて考えたりするんですよね。買い物に迷うと。もうなんか狂ってる・・・。お金の問題もあるのだけど。

指にみずぶくれみたいなマメができてチョイ痛い

今日はひさしぶりにピアノを弾いたぞ。
練習曲は、リトルフィートの「oh atlanta」と大滝詠一の「ロックンロールマーチ」で、この曲両方ともピアノで「デュルルルル」
って弾くというか、指を滑らせるところがあるんですけど、
指があんま痛くないなぁと思ってそれをやりまくってたらいつのまにか水ぶくれのようなマメのような物ができて、はい。おしまい。
ちょっと痛いなぁ。

で、遊びでまた録音をしました。本当に遊び。遊び。
(というかいつも遊びで録音しているので・・まともに真面目~に録音したことがあんまりないな・・・・)
http://dokuo-ha-hitori.dyndns.tv/~dokuo/cgi-bin/sn/src/dokuo0141.mp3
http://dokuo-ha-hitori.dyndns.tv/~dokuo/cgi-bin/sn/src/dokuo0142.mp3
http://dokuo-ha-hitori.dyndns.tv/~dokuo/cgi-bin/sn/src/dokuo0143.mp3

HPを作るとか言ってたけどいつになるやら・・

久々に録音してみた

http://dokuo-ha-hitori.dyndns.tv/~dokuo/cgi-bin/sn/src/dokuo0085.mp3
なんというかひさしぶりの録音。
スティーヴンスティルス風とペンタングルな感じを混ぜたような・・・ドラム入れたらよかったかな。まぁデモみたいだからいいや

あとHPつくろうかな~・・ん~

今日の日記

正確には昨日の日記。
当分出かけない間に気温もあったかくなって
桜もたーくさん咲いてました。
今日三宮にいってきました



とある中古屋でリトルフィートの「アメイジング!」これを買いましたよ~。このアルバム前から聴きたかったけど、新品でもなかなか。中古でもなかなか見つからずでやっと見つけた感じ。
中古屋さんでLPじゃさんざん眺めていたけども、ジャケットがいいですね~。ネオンパーク。
Little_Feat_Feats_Don_t_Fail_Me_Now.jpg


(これね)



もしこのジャケットの、車に乗っている二人がディズニーのキャラクター、例えばミッキーだとかドナルドダックだとかがもし描かれていたら、そのまんま古いディズニーのイメージができちゃいますね。
(会社もワーナーなだけに)
聴くぞー

三宮は人が多かったですね。大丸のところで右翼がなんちゃらかんちゃら言ってて経営者が変わったどうのこうのってまぁどうでもいいんですけど、HMVじゃ金欠によりYESの「危機」とかトラフィックの「ミスターファンタジー」だとかグレイトフルデッドの「ライブデッド」だとかザ・バンドの「ロックオブエイジズ」だとか、どれ買うか3時間迷った挙句何も買わなかった。つかれた

Gene Clark 「Gene Clark with the gosdin brothers」

CIMG2672.jpg


ジーン・クラーク「ウィッツ・ザ・ゴスディン・ブラザーズ」
               トラックは下のほ~~~に書いてます

ジーンクラークの1stソロアルバム。67年リリース。
初期のバーズ(「ミスタータンブリンマン」や「ターンターンターン」あたり)の半分くらいの曲を書いていたジーンクラークが
66年の「フィフツディメンション」の録音に参加したあとに脱退して、その後に作られたようです。
ジーンクラークはバーズ以前から、またはバーズ在籍中も曲をたくさん作っていたようで、初期バーズの(実質的な)リーダーは彼だったのかもしれません。
で、このアルバム、参加したメンバーは自分のわかる限りだと
レオンラッセル・クリスヒルマン・クラレンスホワイト・そしてプロデューサーとしてゲイリーアッシャーというかなり有名な人物達が参加してます。
サウンドはというとちょっとカントリーっぽさのあるフォークロックのような感じです。コーラスのある部分は「なんかバーズっぽいなぁ」ってとこがあります。曲はもう申し分ないと思います。

まず1曲目のECHOESという曲、フルートかストリングスかかなり優雅な音で始まるので、これ聴いたときは「ソフトロック・・・ぽい・・?」と・・。かなり不思議な曲になっている。
2曲目のThink I'm Gonna Feel Better、このあたりからカントリー・フォークっぽくなっていく曲が続きます。
3曲目のTRIED SO HARD、ぼくはこのアルバムはこの曲が一番好きです!
これは後々、カントリーグループやフォークグループにカバーされていくことになるんですね。
フェアポートコンヴェンションの『HEYDAY』というBBCのアルバム(名カバー)、フライングブリトーブラザーズの3rdアルバム、イアンマシューズの4thアルバムなどなどかなりカバーされている、もうとにかく名曲ですねはい。
5曲目、Keep On Pushin'、これもトライアドソーハードのような曲で
全編コーラスがついていて軽快なリズムです。つまりカントリーっぽい。この曲も「カントリー・ガゼッド」という72年アルバムデビューのグループがカバーしているみたいです。


このアルバムはジーンクラークの2作目の名作「white right」には(たぶん)及ばないとは思うけど、クラークの初期バーズ時代を統括したような良さがはいっている良いアルバムだと思います。(バーズの「ミスタータンブリンマン」や「ターンターンターン」では自分の曲が入れられなかったうっぷん(?)もあっただろうなと予想)
そのためか全曲クラークの自作曲です。


ちなみにこのCDは全曲オリジナル通りのモノミックス・1990年のリマスター盤で、ボーナストラックとしてあのTRIED SO HARDの別のバージョンが入ってます。(僕はこっちのほうが好きかな)
このCDは850円で中古で買えたのですがナカナカ見つからないCDで今だったらEchoesという編集盤で1stアルバムが丸ごと聴けます(ただしオリジナルMIXではなく72年のクラーク本人によるリミックスバージョン?かな)

あ、あともうひとつ思ったのが、このアルバムはプロデューサーが二人いるんですね。
1,2,5,6,8,10は、ラリー・マークスという人が
3,4,7,9,11は名作を次々生んだゲイリー・アッシャーがやってるみたいですねぇ~二人いるって結構変わってるよね?あれ?

ジーンクラークはこの後バンジョー奏者であるダグ・ディラードと「ディラード&クラーク」というグループを結成して、これまたブルーグラス・カントリーの名作を残していくみたいです・・。(早く聴いてみたいなぁ)



【“Gene Clark 「Gene Clark with the gosdin brothers」 ”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。