部族集会

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイケデリックが感覚である以上、体験しないといけない

急に思いついたこと書きます
タイトルのとおりでサイケデリックは、ドラッグなどによる感覚です。
なのでそれを音楽や絵や文字として表現、投射するには
体験しないとできないですよね
スポンサーサイト

コメント

別にドラッグでなくともサイケ体験は出来るはずだと考えるなぁ僕は。
ただ、ドラッグでしか体験できないことがあるんだ、などと言われれば否定の余地は無いね。でも、少なくとも、代替可能な疑似体験は出来るはず。

  • 2006/03/11(土) 18:45:49 |
  • URL |
  • ちょこハメ #-
  • [ 編集]

つまりね、例えばサイケ音楽が使い古されたレビュー通りの「LSDなどの薬物依存症者のための音楽」だとしても、その音楽のサイケな部分を感じれれば、それはサイケ体験なんだよね。その体験に基づけば、それを投射して表現するのは不可能ではないはず。

と、考えれば、薬と音楽が代替可能なので、別に薬はやらずとも体験はできる。じゃなければ、現代の薬やってない人間が半世紀前のサイケ芸術を好んでることはおかしい。

ただ、その体験は疑似体験にすぎない、と言われれば確かにそう。薬やってないから僕にはわからないし、否定出来ない。

  • 2006/03/11(土) 18:58:31 |
  • URL |
  • ちょこハメ #-
  • [ 編集]

体験はしてみたいな~
自分で作り出すって感じのヨガとかどうなんでしょうね
ちょこハメさんはコメントでブログ書けそうだな~

  • 2006/03/12(日) 05:13:14 |
  • URL |
  • 発狂 #-
  • [ 編集]

ヨガもそうだね。あれはちょっとサイケ臭いね。インド音楽自体もサイケ臭い。

あと、中東の方の舞踊でとにかく激しいものがあって、それは本当に半端無く踊りまくるみたいなんだけど、そのうちに頭がフラフラしてきて“神との一体化”が出来たつもりになるらしい。素晴らしい。これは本当にサイケ臭いし(宗教差別的だけど)、ある意味ドラッグよりサイケ的だと思う。

  • 2006/03/12(日) 07:13:21 |
  • URL |
  • ちょこハメ #-
  • [ 編集]

DUBの文化も現在進行形でハッパまみれで面白いぞ
音そのものからモクモクと煙が見えて

日本では薬もハッパも文化として定着してないから
正しいキメかた(コカインはカルシウムといっしょに摂取する、とか)とかの情報にもとぼしいし
それに向くか向かないかはやっぱ人によるみたいよ

  • 2006/03/13(月) 22:13:01 |
  • URL |
  • デカマラ課長 #-
  • [ 編集]

デカマラ課長のコメントを読んで

なるほどなぁ。やっぱ、その方向は日本は弱そうだよなぁ。

だからこそ、代替可能なものを探り当てて音楽なら音楽に投射できれば良いんだけど、これがまた真似事の範囲をなかなか出られないから(音楽を薬の代替物とし、その体験を音楽に投射した場合、芸が無ければ、真似事の域から出ないはず。と思う)、少なくとも現在進行形ではないんだよなぁ。
まあ、真似事から始めるってのは一番の基本だけど、“サイケの真似”がどう受け手にとられるか、ってのも難しい問題だよなぁ。僕は、全然良い、と考えちゃうけど(笑)。

  • 2006/03/14(火) 09:24:30 |
  • URL |
  • ちょこハメ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tribalgathering.blog43.fc2.com/tb.php/28-0f27d19a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。